資格取得

大人からの書道。経験者も悩む所定用品の悩みとネットトラブルについて

こんにちは。ペン姉さん(@penpenwaker231)です。

11月に入り、2021年も残すところわずかになりました。

私が学んでいる書道会では、12〜1月は「競書」で一番頭を抱える時期なんです。

わたし
わたし
書道教室によっては特に行わないところもあるよ。書き初めとして楽しむところもありだよ

添削を行わず、1点のみ作品を提出して段級認定や賞がもらえる、イベント的なものが「競書」です。

書道会によって回数は違いますが、普段の実力にしばられずに書けるので楽しみにしている方はいらっしゃいます。

話はここから変わります。

大人から始めて習う方や、子供時代に習字教室で学んでいた方など、「書道って大変な習い事だな」と感じる方は多いようです。

特にSNSで気軽に作品公開できるようになってから、「この先続けられるのかな?」と悩まれる方も増えています。

私も何度もSNS絡みの「書道についてのこと」で悩みました。

恐らくSNS絡みでなくても、ご自身が習っていて気になってきて悩むことはあります。

大人ならではの書道の悩みについて、今気になさっている方のお力になればと思います。

大人からの書道で使う用具。指定用品についての悩み

様々な書道教室の情報を調べてみたところ、最初から習う方には家にある道具(子供さんが小学校時代に使っていたものも含む)や、市販の書道セットでもよいとしています。

わたし
わたし
私も習い直しを始めた時は、子供が小学校で使っていた書道道具を使ったよ。筆だけは市販の大筆と細筆を買いましたね。

習い直しや始めて習う場合は、市販品や子供さんのお古で十分と私は思います。

しかし、書道会や指導する先生次第で、予想外の出費が発生します。

指定用紙を使わないとダメ!え?!聞いてないよぉ〜

子供時代に教室に通った方で、毛筆を書く用紙が無罫半紙(一般的に売られている白い半紙)を使っていた方は多いかもしれませんが、いかがでしょう?

私が子供時代7年間通った教室では、白い半紙に思いっきり書いていて、時折先生が見て回られていました。

2年前に書道の習い直しを始めた時に驚いたのは「●段以上でなければ検定用半紙のみしかだめ」というルールでした。

今現在学んでいる日本習字でも、この決まりがありまして、決まりに沿って検定用紙を購入して毎月提出しています。

検定用紙は教室を通じて注文するか通信教育部ならオンラインで注文取り寄せになります。

注文した半紙を待つのもじれったいですし、用紙代は練習すればするほど家計からの捻出も負担に感じますよね。

SNSで同じ書道会の方と出会ってみて、仲良くなってから出るのが「用紙代が悩み」でした。

入会前に用具以外に聞いておくべき話なのですが、検定用紙があるかどうかは入会する前に聞いておくのがよいです。

筆の悩み。慣れてくればどうしても避けて通れないこと

次に悩むのが使う筆のことだと思います。

経験者なら新しい筆の下ろし方を知っていても、どこまで下ろせばいいかというのが書道会や先生の指導によって異なります。

わたし
わたし
私の子供時代の先生は2/3おろして付け根に糸を巻くようにと指導されました

なぜ糸を巻くのかは忘れてしまったのですが、一般にスーパーや文具店で売られている筆だと、何回か洗っているうちに筆の毛が抜け始めます。

私は、思い切って書道会が初心者向けとおすすめしている筆を購入しました。

それでも約2000円はしました。

確かに書きやすいような材料を使っているので書きやすいのですが、徐々に腕があがると上のクラスの筆と買い足してしまいがちです。

書道専門店に足を運ぶようになると、店主さんも書道を嗜んでいる方ですから、腕前にあう筆などを選んで出してくださいます。

中にはひどい売り方をするお店はあるので、初学者やブランクがある方は、書道会を通じて筆を購入することをおすすめします。

SNSで作品を公開したり、道具公開をする時は気をつけて!

これは、私が過去にSNSで公開するか悩んだ作品でお蔵入りした作品です。

この作品をなぜ公開しなかったのか?

まだ級が低い時の作品だから?行書体の作品だから?

いえ、SNS特有のトラブルに巻き込まれるケースがあって、SNS自体にも疲れを感じたからなんです。

この写真のものは、段位を持っていない人が書いた作品だということで、クレームがつきました。

本来はスルーしてくれる。でも厳しい人がネットにはいる

書家の方、すでに指導者として独立されている方、まだ書道について勉強中の方、SNSはいろんな経歴の方が利用されています。

たまたま書道作品をポストしているのを見ても、基本書き手さんの技量の評価を書き残すことはありませんし、気に入った人ならずっと見にきてくださいます。

親切な方だと「こういう練習方があるけれど、知ってるかな?」とDMで教えてくださったり、同じ書道会の方だといい道具も教えてくれたりもします。

SNSは最近トラブルも多く、利用を避ける方も増え始めているの事実で、私も体調不良も重なったので、SNSをあまり使わなくなりました。

使っている用品のことでいきなりお叱りを受けたこと、お手本と運筆が違うなどたくさん叱られました。写真の作品だけではなく、結構多いです。

事情を話したところ納得してくださる方はいらっしゃるのですが、文章だけのやりとりのSNSではきつく言ったつもりではなかったというケースがほんどかも。

あまり揉め事には巻き込まれたくないですよね。

ネット上で作品や用具などのことで傷ついた時はどうすればいい?

人間だれでも言い返したくなりますよね。

こちらに全く非がなければ、事情を説明すれば、大抵の方は納得してくださいます。

事情を説明しても、怒り続ける人や最悪ずっと付きまとう人は現れます。

まずは、SNSから一旦離れましょう!

それから、書道のことで気楽に相談できる方や、お世話になっている先生や書道会の本部などに相談してください。

あなたが悪いわけではありません。

雅号や本名どこの書道会かをプロフィールに記載して、連絡がつくようであれば控えておいてもよいです。

まずは、しばらくSNSから離れて落ち着いた時にまた公開してもいいし、公開を控えるのもいいでしょう。

書き込まれたことがあまりにもひどければ、法的措置に出ることはできるかもしれません。しかし、費用面では高額になるので、然るべき方にまずは相談しましょう。

本来はみんなが楽しめる書道。大人としての対応で礼節をもって。

昔の私は、子供の中に大人の生徒さんが混じるといった、和気あいあいとした雰囲気で習字を学んでいました。

大人の方には大変申し訳なかったけれど、ふと見た作品はすばらしくて、「あんな素敵な作品が書けたらいいなぁ」と憧れました。

今、教室を開いている先生でも、子供は教えていないという方もいれば、子供も大人も指導している方が混在していて、先生の指導方法に統一性がないようです。

検定用紙などが存在するのは、なぜかというのは私にはわからないけれど、添削側としては多くの作品を見るので指標となるものが欲しいのかと思われます。

大手通信教育の会社でも書道は扱っていますので、もしどこの教室に行こうか迷われた場合に利用して、それから続けるかを決めてもいいでしょう。

書道を学ぶところはひとつだけではありません。

よき師匠に巡り合えるまで大変ですが、その間に上達していくものですので、ご自身のことをよく知らない他人の方に振り回されないようにしながら楽しみましょう。



大人の書道トラブル。困った時はすぐに誰かにどこかに相談をして欲しい!こんにちは。ペン姉さん(@penpenwaker231)です。 大人の書道・ペン習字ブームがきているのか、SNS上での情報交換や作...

 

 

ABOUT ME
ペン姉さん
4年半ライター業として、金融系(教育費関連)などを執筆。 持病の体調不良により、ライター業はおやすみ。 家族は夫と娘(現在高校生)と私の3人。 子育てに関する情報と大人からの学び直しについて お伝えしていきます。 詳しいプロフィールはこちら
こちらの記事もおすすめ!