資格取得

大人の書道トラブル。困った時はすぐに誰かにどこかに相談をして欲しい!

こんにちは。ペン姉さん(@penpenwaker231)です。

大人の書道・ペン習字ブームがきているのか、SNS上での情報交換や作品公開などが盛んに行われるようになりました。

つい最近書道を習い始めた方で「これって変じゃない?」と思われた方っていらっしゃいますか?

私もつい最近SNS絡みで「こりゃ危ない」とすぐに手を引いて、トラブルを回避した経験をしました。

習い事ではタブーとされる面はありますが、頭を抱えるほどのトラブルにあうことはあります。

書道も習い事のひとつですし、びっくりするようなトラブルもあるので、巻き込まれないように気をつけたいことを見ましょう。

特に書道・習字が初めの方にはしっかり読んでいただけると嬉しいです。

習い事関連のトラブルの相談は国民生活センターにもちろん寄せられています。ネット絡みトラブルも出始めています。

習い事ならではで多い。お金関連トラブル

個人で開いている先生からも指摘がある科目があるのですが、一番トラブルが出やすいのが「お金関連」です。

入会金・維持費を取られるか取らないかは確認はしておきましょう

個人で開いている教室の先生で「入会金不要」としている方は多いです。

カルチャースクール内の講座や通信教育部だと、スクールや遠隔教育なのでスクール全体の維持や通信費に人件費に充当するのではないかと考えます。

ただ、〇〇流派の教室だと入会金(教室によって金額変動あり)や、毎月の月謝に維持費という科目が加算されるケースがかなり多いです。

一度体験入塾させていただける教室で、満足できる指導を受けられるなら、金額面を聞いた上で入会金などのことは納得するしかありません。

事前に提示されていた入会金の金額が申し込み時と違ったり、諸費用の加算がひどい場合は、資料と付き合わせて先生に相談してください。

もちろん話がおかしいと感じれば、入会する必要はありません。

月謝の取り方や料金についても要注意

私は2箇所の書道会の通信教育を受けていますが、3ヶ月分徴収か入会月による一括払いです。

硬筆と毛筆の指導料金が違って、教えてもらいたいものが増えると加算されるパターンもあります。

わたし
わたし
セット指導はありがたいけれど指導と料金に見合うかだったわね

こればかりは、指導を受けてみないと判断がつきにくいかもと思います。

月謝の取られ方でも、個人教室でなら1ヶ月分をお月謝袋にいれるか、3ヶ月分を渡すか指定口座に振り込むかに別れます。

なるべく生徒さんに金銭面の心配や、手間をかけないようにという配慮をしてくださる先生なら、信用できるかとは思います。

通信教育部でも、なかなか昇級できないことや同じ流派の生徒さんに誹謗中傷を受けた時など、悩んだり困った時に問い合わせをして納得のいく回答をすぐに出すところも「ここでなら続けたい」と思いますね。

通信教育部の場合なら、勉強中にやむおえない事情で退会しなければいけないケースはあるので、一括入金で未提出月があれば、臨機応変に残金返金はあるはずです。

ただし、入会規約で返金についての条項で「返さない」と明言していると返金は難しいかと思うので、本部の方と十分お話し合いをしてください。

高額な受講料を取られていて、さらに課題提出用の用紙などで課金要素が増えたなと感じる時は、途中で一度購入したものなどを計算してみてください。
適正価格かは判断しにくい面ありますが、家計に影響がで始めた時は、一旦ご家族で見直しをしてみましょう。第三者の意見は冷静ですからね。

必要な道具でのトラブルも多いですよ

これは、私が今教えていただいている書道会で使う筆です。一番端の大きな筆は、競書大会で年に2回ぐらいしか今は使用していません。

大人の書道を習い始めた時は、文具店で購入した筆2本(太筆と小筆)のみで書いてきました。途中で、書道会推薦の太筆(2000円ちょい)のものを購入しました。

理由は、たくさん描き始めると市販の筆ではどんどん毛が抜けて、描けなくなったからで、相談の上で書道会推薦の筆を買いました。

実は、書道教室では最初は様子見として、指定用具の購入を購入させることはまずないです。慣れてきて始めて書道会の用品を買うことが多いです。

こんなことをいう先生ならすぐに退会していいですよ

硬筆は、自分が持っているものでもよいという書道会や先生がほとんどですから、気軽に楽しめるでしょう。

毛筆となると、筆について厳しくいう先生がいて、困る時があります。

私が最初に通った教室は、別に市販筆でも問題はなしとしてくださり、その後通信講座に移籍後もそのまま市販筆を使っていました。

毎日の練習で筆が痛むことはあります。

上達すれば、書道会推薦の筆を購入してもいいのですが、これが高額。

私が購入した筆で、最低でも約2000円(税込)。

1本持っていて、お手入れをしっかりしていれば、長く使えます。

ある先生
ある先生
そんな筆で書けないんじゃだめだね

あのー、この筆はあなたの書道会の筆なんですけれど……

これは、先生の指導力の問題ですし、筆を勧めて購入させた先生に問題はあるので、この手の先生なら、すぐにやめていいです。

その他にも個展参加に関することや流派の展示会の費用では、結構お金がかかります。あきらかな費用は暗黙の了解とされていて、私もお話しにくいのですが、出展が辛い時はよく先生とご相談ください。

気をつけて。インターネット上での指導契約

コロナ禍に入ってから、良心的な先生方がYouTubeにそれぞれの書道会のお手本や上達するポイントの動画をアップされています。

私は通信教育部なので、動画公開はとてもありがたいし、丁寧な解説もありで大変救われています。

この頃SNSなどで「個人指導しますよ」など声をかけてくる方が登場しています。

わたし
わたし
私も声をかけられたけれど、すぐにお断りしたよ

冷静に考えると、その方に指導していただく旨の契約書などは交わしていないのだし、続けて指導を受ける場合の月謝もわからないわけなんですよね。

すぐにお断りをさせていただきましたが、月謝などの明記がなかったりして怪しいなぁと思うものについては、すぐにお断りを入れてましょう。

もし、個人情報を渡してしまい、断りたいのに連絡先がわからずで困った場合は、最寄りの消費者相談センターへ相談してくださいね。

初学者でトラブルに巻き込まれないようにするなら大手通信教育の講座ってのもあり!

私自身は書道会の通信教育部に在籍していますが、子供時代に経験があるから、トラブル回避がしやすいのですね。

でも、全くの初学者となると「何がいいのか?困った時はどうしよう?」と悩むと思います。

あまりトラブルに巻き込まれたくないと方、初学者の方なら、大手通信教育での受講をぜひおすすめします。

私が調べたところ、ユーキャンで「実用書道講座」を始め、書道関連の講座が12講座が開講されています。

講座によって金額などは異なりますが、きめ細やかな指導と明確な受講料で安心して受講できるはずです。

実用書道など習い事なら生涯学習のユーキャン

楽しく大人の書道を学ぶために

2年目を経過してからは、いろいろと書道について考え込むことが出てきたかなと思います。

それでも書道を続けていきたいと思うのは、「文字で何かを表現したい」からなんですね。

でも、行き過ぎた指導やお金のかけ方となると、さすがに今のご時世ではしんどいです。先生の指導方法も、ぼちぼち転換期なんじゃないかとは思います。

中には古い制度を改革したいという先生はいらっしゃいますね。

まだまだ手厳しい先生はいらっしゃいますが、どうか書道の世界がなによりもお行儀がよくて、いろんな人が楽しめる世界であり続けることを祈ります。

大人からの書道。気を張らずに個人でゆったり楽しめる落ち着いた世界こんにちは。ペンペン(@penpenwaker21)です。 大人からの書道を習うのが、ちょっとしたブームになっているようで、SNS...
毛筆での練習開始
大人からの書道での悩み。昇段級が遅いと嘆くにその理由はあるのですこんにちは。ペン姉さん(@penpenwaker231)です。 私が大人からの習い直しで書道を復活させてから、2年になりました。 ...
ABOUT ME
ペン姉さん
4年半ライター業として、金融系(教育費関連)などを執筆。 持病の体調不良により、ライター業はおやすみ。 家族は夫と娘(現在高校生)と私の3人。 子育てに関する情報と大人からの学び直しについて お伝えしていきます。 詳しいプロフィールはこちら
こちらの記事もおすすめ!