教育

Z会Asteriaは英語4技能特化コースへ。その人気の秘密は?

こんにちは、ぺんぺん(@penpenwaker231)です。

Z会は幼児教育から大学受験講座で有名な学習プログラムをもつ会社です。通信教育だけでなく、実教室での授業もあります。

中高生向けの基礎講座を扱いながらも、少し他講座とは違う授業進行をするのが、今回紹介する「Z会Asteria」です。

社会人にも門戸を広げていて、特に「総合探求講座」は申し込みが殺到したコースです。

現在はリニュアールし、「英語4技能特化」コースとして生まれ変わりました。

我が家でも、子供に受講させるか検討したプログラムです。なぜ申し込みが殺到するコースもあるのかも含め、紹介します。

そもそもZ会の指導レベルはどう?

Z会の指導レベルは、大学受験では東大・京大などの超難解大学・学部を目指す生徒さんが受講すると言われています。

幼児コースから受講でき、一時私の子供は小学校1年生の時に通信講座を受講していました。私立中高一貫校に入学してから、学力アップを気にし始めて「どこがいいかな?」と気にし始めました。

中高一貫校向けコースを扱う通信教育は限られていますが、お試し受講の資料請求をして、実際に解いてみました。

個人差などはありますけれど、相性が良かったのはZ会でした。

【Z会Asteria】英語4技能講座

基本コースは学年やカリキュラムに応じて組み合わせは自由

基本コースは、生徒さんの学年や学校でのカリキュラムに応じて調整してくれます。

基本は3教科(国・数・英)は受講で、学校によってカリキュラムが合わなければ、授業科目を減らすことや特定の科目のみ減らす対応はしていただけます。

社会や理科は希望者のみ受講です。

受講費用は基本3教科で受講すると、大幅な割引が適用されるので、基本3教科で受講される方は多いです。子供さんで課題をこなす速度に差は出ます。

もちろん相談の上で速度調整はできますし、どうしても無理と思う科目は省けます。

基本コースでは今求められている技能については非対応

基本コースでは、近く行われる「大学入試改革」での英語4技能での授業は行われず、英語方面で頑張ってみたい生徒さんには、物足りなさを感じるでしょう。

英語講座は、お試しの時に見させていただきましたが、英語の発音や授業進行は良いけれど、英語4技能に対する授業としては、物足りないかもしれません。

Z会Asteriaでの授業とは?学年を超えた英語4技能特化コース

現在Z会Asteriaでは、

・英語4技能講座
数学新系統講座
総合探求講座

を基本講座とは別に開講しています。

2021年よりAsteliaで扱う講座の見直しが行われ、2021年2月より、「英語4技能特化コース」講座となります。数学新系統及び総合探求の2021年度申し込みは行っておりません。
新しいAsteliaについては、公式サイトにてご確認ください。

授業はタブレット端末を使って、マンツーマン指導もあれば受講生同士のオンライン授業も行います。

Asteriaを利用されているご家庭の多くは、

・学校のカリキュラム授業だけでは物足りない。
・海外留学を考えている
・英語外部試験での上位級取得を目指している

といった子供さんをお持ちの方が、申し込みをして受講をされています。

理解できるまで復習。理解できれば次のステップへ

Z会Asteriaの英語4技能・数学新系統講座では、中1〜高3までの内容を扱います。社会人の方も参加はできます。(事前相談は必要です)

学校では理解できているつもりが、マンツーマン指導などによって「理解できていないのでは?」とわかれば、理解できるまで復習課題が出ます。

英語4技能は、「学校英語」ではなく海外生活可能なレベルまでに伸ばす「実践英語」の指導になります。

英文指導はもちろん、ネィテブスピーカーとの会話もコース内に含まれているので、上手に活用すると良いでしょう。

勉強の活用次第では、実学年より上の内容を勉強する生徒さんは出てきても不思議ではありません。 

英語4技能はこれから必ず必要。学校で取り組んでいる例

私の子供は、既にZ会の通信講座でお世話になっているのですが、あえてAsteriaは受講していません。

学校の授業で英語4技能の対策授業があることがまず一つ。

ネイティブスピーカーの先生による、日本語を使ってはいけない授業を行い、海外の学校の生徒さんとのオンライン英会話を行っているので、Asteliaを取る必要はありませんでした。

Z会Asteriaでは、リードする先生が1人つきますので、初対面の生徒さん同士でも、安心して受講できます。

現在、大学の推薦入試の条件では「英検2級以上」は必須で、TOEICL&Rなどの試験でもハイスコアを出しておかないと、推薦を受けれない現状があります。

海外留学1年を必ずしなければいけない大学や学部があるので、大学生はもちろんAsteliaは受け入れてくれますし、社会人の方が学び直しにと受講されています。

自分からどんどん話していかなければ、授業は成立しませんから、Asteliaでのプログラムは、必ず今後どこかで役立つことは間違いありません。

受講料や機材準備などについて

Asteliaは、2021年4月1日より新しく生まれ変わって英語4技能特化コースのみに切り替わります。それに伴い、受講料などの変更が行われます。

今まで受け付けていた「数学新系統講座」「総合探求講座」は3月31日を持って終了となります。(受付は1月末にすでに終了済み)

手元にあるiPadで受講はできますが、Z会専用タブレットの販売も行っています。条件などは新公式サイトにて対応機種や受講料の確認をお願いいたします。
 

Z会 Asteriaは新たなスタイルとなってスタート。英語4技能を極めるにはオススメ!

中高生はこれから大学入試改革で「自分の思考を自分なりに表現する」技能を問われると言われています。

特に大学共通テストで問われている英語4技能を学校で深く教えてもらえないと、どこで教わるのがいいでしょう。

となると、Z会Asteriaはオススメの講座といえるでしょう。

今までの大学受験で問われてきたことが、通用しなくなる世界になるので、この機会にZ会Asteriaの受講を考えてみるのはいかがでしょう。

公式サイトでは書かれていないこともあるので、ぜひ公式サイトから資料請求していただいて、納得した上で申し込んでみてはいかがでしょうか?

わからないことは、どんどん回答していただけるので、質問してみてくださいね。

英語4技能の教育は、学校の指導では十分ではない部分はあるので、ぜひAsteriaで成績アップを目指してくださいね。

新しいステップへ繋がりますように。

ABOUT ME
ペンペン
4年半ライター業として、金融系(教育費関連)などを執筆。 持病の体調不良により、ライター業はおやすみ。 家族は夫と娘(高1)と私の3人。 子育てに関する情報と大人からの学び直しについて お伝えしていきます。 詳しいプロフィールはこちら