資格取得

大人からの書道での悩み。昇段級が遅いと嘆くにその理由はあるのです

毛筆での練習開始

こんにちは。ペン姉さん(@penpenwaker231)です。

私が大人からの習い直しで書道を復活させてから、2年になりました。

今お世話になっている日本習字は1年間通信教育で受講して、先日更新手続きをしました。

4月から新学期となるのですが、悩みはあります。

ペン姉さん
ペン姉さん
受講開始から昇級したのはわずかなんです。半年に一度のペースかも。

違う書道会からの編入として、入会時に過去作品を提出して、再認定で5級からスタートしました。

現在(2021年3月6日)は、12月に行われた大会で2級から昇級なし状態です。

おそらく、過去に書道を習ったことがある大人ならではの悩みだろうし、子供さんでもあると思います。

個人的にお付き合いさせていただいている方など、ご意見をいただいて、これは今同じ悩みをお持ちかもというお話しますね。

<追加事項あります: 2021年11月19日>
この記事を公開後に1級へ昇級したのですが、1級止まりの状態で深く悩みました。その時に取ったことを追加しています。

大人から書道の昇級段はあまり気にしないこと

書道毛筆の練習をする男性

幼稚園年長からずっと大人になっても継続している方なら、教室を開いて独立されている方は多いですよね。

大人からの書道を始める方は、初心者か過去に書道経験者の方でしょう。

ペン姉さん
ペン姉さん
幼稚園年長から中1の5月でやめたよね。それから教室に通ってないわ

私自身が「書道経験者でブランクがある」タイプで、段位を取ったとしても先生から教わったことは抜けています。

そして、「え?!書道ってそんなに厳しい世界なの?」と驚かされることはあります。

習う教室で流派が違うと指導が変わります

女性の口コミ
女性の口コミ
習い始めたのはいいけれど、なかなか昇級段させてくれない
女性の口コミ
女性の口コミ
後から入会した人に追い越されてしまって悲しい

という声はありますね。

私も後から入会された方が段位を取ったと聞いた時は、落ち込みました。

調べてみたところ書道を教えている団体は約10団体。団体から離れて指導している方をカウントすると、ものすごい数になるでしょう。

私が大人から入った教室の流派は不明ですけれど、最低級の8級からスタートして教室通いしていても、なかなか昇級できませんでした。

そして、次に日本習字・通信教育部に入ってからはというと、最初は隔月で昇級できていたのに、突然昇級にしにくくなりました。

女性の口コミ
女性の口コミ
今までスラスラと級があがったのに突然昇級しなくなったから、やめたい

私と同じように突然昇級ができないという方は多いようです。調べてみると、流派の指導によっては簡単に昇級段をさせない時期はいきなりくるのは当然あって、それをどう乗り越えるかをみているとも言われています。

上がりにくいのは教室の方針と「自分の技量不足」

私の個人的な師匠の方や、書道仲間で個人活動をされている方にお話を聞いてみました。

師匠
師匠
先生に色々と指摘されたこと守ってる?
ペン姉さん
ペン姉さん
守っているんですけれど、競書大会はすらすらと書けるのに普段はどうしてもカチカチになるんです。
師匠
師匠
普段からの練習不足だってあるけれど、大人なんだからかちこちにならなくてもいいんじゃない?

痛いところをつかれて、ドキドキしました。

今教えていただいている日本習字では年2回で「競書大会」を開いています。お手本はあるけれど、大作を書いてもいいし、いつものお手本から1作品提出というルールがあります。

創作となると自由な気持ちになるのか、スラスラとかけて、その時に1回飛び級しているんですね。

過去の作品は、

私の過去の書道作品1

です。でも、あまりアドバイスをもらえなくてもやもやしていた時期でした。

今はというと、提出する書体を楷書体と行書体(流れるように書く書体)に変えてからは筆使いの注意をたくさん受けるようになって、先日返却されたのはこれです。

私の書道毛筆作品2

1月号あたりから、課題が難しいものになるので、昇級は難しいとは覚悟していたのですが、筆の穂先の使い方について返却作品にお手紙が添えられていて、びっくりしました。

自分の技量不足を痛感させらると同時に、悔しい気持ちもありながらも、大人の書道について考えさせられました。

昇級段は、結局なんのためにあるのか?もう1人の書道仲間さんや現在大学生・書道科在籍の子にも聞いてみました

大人の書道は「趣味としてなら」昇級段は気にしなくてもいい

さて、私より年下の方からの意見になりますが、思い切って聞いてみました。

ペン姉さん
ペン姉さん
どうして昇級段にこだわるのか教えて?
書道歴長い男性
書道歴長い男性
今は在宅勤務なんだけれど、書道は好きで続けてたんだ。いつか自分の教室を持ちたくて続けてる。教室持つにはかなり頑張らないとだめなんだ
ペン姉さん
ペン姉さん
1日の練習量は?
書道歴長い男性
書道歴長い男性
ゆっくり時間が取れる時で丸一日って日はあるね。会社の仕事もしながらだけどね
大学生・書道科在籍
大学生・書道科在籍
課題の量が半端ないので、夜中も書いてますね。将来書家になるためのところなんでね。徹夜で仕上げる時もありますよ

本気で書道に向き合うとなると、練習量やこだわり方はすごいです。

寝るのも惜しむほどに頑張るのではなく、ほんのたしなみであれば、あまり昇級段にこだわりをもつ必要もなく、もし昇級段制度があれば、自分の上達度を図る目安と考えてもいいです。

 

下手でもいい。自分の得意とする分野を広げるには書道は楽しい。

最近の私の書道作品※この作品は、練習作品です。清書時は所定用紙を使用しています。

今、私が取り組んでいる作品です。学び直しで入ってから、嫌なことはあったし喜ばしいこともありました。

仲間や師匠もできて嬉しいです。

大人から習う書道について紹介はしましたが、紹介後にさまざまなことが起きて、悩んだ時期はあります。それは、昇級段でした。

大人から習う書道! 自分にあった指導の場を! こんにちは。ペンペン(@penpenwaker231)です。 私は、幼稚園年長から小学6年生まで、書道を習っていました...

自分でもこんなに悩むとは思わなかったことで、師匠に気付かされてからは「そんなに気にしなくていいんだ」と考え方を変えました。

それでも、もやもやしてしまう時は、一度所属している教室や本部問い合わせ窓口に相談してみると、明確な答えは返ってくると思います。それでもやもやするなら、一度休むのもいいです。

書道は、習字と違いお手本はあるけれど、ある程度は自由に書いてもいい世界。
楽しく書道を楽しんでみましょう。

追加話。ついに悩みが強くなって本部へ問い合わせをしてみた

2021年7月の競書大会で1級に昇級しました。

その後は練習時間を増やすようにしたのですが、課題を丁寧に書いているつもりなのに、返却されると昇級はなし。

SNS上で同じ通信教育部でどんどん昇級段している方の報告を見ると、自分の何がいけないのかと自分を責めるようになりました。

わたし
わたし
私の何がいけないの?それよりこの頃楽しく書けていない

自分は楽しんで字を書いて「たしなみ」として楽しんでいたのに、いつの間にか段級を非常に気にして、神経質になっていました。

自分はどうしてすぐに昇級段できないのだろう、これっておかしいのではないか?

そこで、思い切って本部の問い合わせ窓口に電話をして、自分の段級認定速度のことについて相談してみました。

わたし
わたし
あのー、私の昇級段の速度って遅いんでしょうか?もしくは書道に向いていない方ですか?

私の台帳番号(会によっては会員番号)と名前を聞いてから、調べてくださいました。

問い合わせ窓口の人
問い合わせ窓口の人
いえいえ、遅いってことはないですよ。私共の目からすれば標準的な上達で心配されることはないですよ
わたし
わたし
もう退会しようかと悩みました。しっかり相談できる人がいなくて困っていました
問い合わせ窓口の人
問い合わせ窓口の人
いえいえ、通信教育部を受講されている方ならおひとりで心細いと思いますよ。困った時は遠慮せずに相談してください。

その後、筆の悩みや用紙のことも質問すると、すっと明確なお答えをいただけたので、安心して書き続けています。

一般的な通信講座なら「質問カード」数枚添付されていて、質問を受け付けるサービスをしていると聞きます。

でも、書道会直下の通信教育部では、質問をするにはどこにすればわからない状態で1人悩むことになってしまいます。

今回の話で分かったことは、「困った時は書道会の受付窓口に思い切って質問してみる」でした。

問い合わせ窓口での対応次第で、書道会が生徒を大切にしているかもわかります。

教室に通っている方でも「先生に相談できるのかな?」と悩まれる方はいるようですが、困っていることは思い切って相談してみるのが大切かと思います。

段級のこと以外で悩むことはたくさんあります。生徒の悩みに対して真摯に受け止め、丁寧に答えてくださる先生や窓口の方の存在は、安心できて学べる環境といえます。

もやもやすることは、身内同士で相談してもよいのですが、さらに悩むことになった場合は、思い切って本部の問い合わせ窓口や先生に相談してくださいね。

今回のポイント

・段級の速度は個人差があります。
・たしなみとして楽しむなら、段級速度は気にしない
・気軽に相談できる人で信頼できる方へ相談をしてみる
・かなり悩むようなら書道会の問い合わせ窓口で相談

 

ABOUT ME
ペン姉さん
4年半ライター業として、金融系(教育費関連)などを執筆。 持病の体調不良により、ライター業はおやすみ。 家族は夫と娘(現在高校生)と私の3人。 子育てに関する情報と大人からの学び直しについて お伝えしていきます。 詳しいプロフィールはこちら
こちらの記事もおすすめ!