気になること

幼児の早期知育・英語教育って必要?大切なことを忘れていませんか?

こんにちは。ペン姉さん(@penpenwaker231)です。

私にはもう16歳になる子供がいるのですが、妊婦生活中に「子供に何か習わせた方がいいのかな?」や「英語教室に早くから通わせた方がいいのかな?」と考えたものです。

今でも、赤ちゃんといっても生後5ヶ月以降から対応可能な知育教室や教材、英語も大学入試に4技能(話す・書く・聞く・読む)の傾向に合わせて、赤ちゃんから英語教材を購入している方も多いとか。

過去に知り合いから相談を受けて、我が家のケースを話してみて「あー、そうなのね」と早期教育を考え直した方はいます。

さて、小さな子供に早期の知育教育や英語教育をやってみても大丈夫なのでしょうか?

知育教育教室や教材を取ったけれど意外な意見が!

結論から言えば、世に出回っている「生後○ヶ月からでもできる!」という子供さん向けの知育教育は、通わなくてもいいし、教材を取らなくてもよいです。

実際に知育教育に通ったり、教材を取ってみて、子供さんがつまらなさそうにしていたり、
映像教材(DVDなど)を見せても、全く見ないことも!

保育園以降知り合った友人の子供さんの幼児時代の話を聞くと、

女性の口コミ
女性の口コミ
通わせたけれど、馴染めずにやめさせた
男性の口コミ
男性の口コミ
高額な教材を嫁が子供にと買ったけれど、子供が嫌がって途中で解約した
女性の口コミ
女性の口コミ
1ヶ月に1回しか教室がなくて月謝が高い
女性の口コミ
女性の口コミ
面倒見のいい先生ではなくて、子供が嫌がった。

といった話を聞いています。

高校での友人のお母さんと話していて、この話題になった時「うちもいろいろとやらせたけど、今の様子を見るとわからないね」と口を揃えて言います。

我が家の場合は?大手教育系会社の知育教材を取った結果は?

我が家も、キャラクターがかなり有名な大手教育系会社の知育教材を生後6ヶ月から取り始めました。

付録に知育おもちゃがついて、月額料金もそれほど高くなくて、家計を圧迫しなかったからです。

取り始めて3ヶ月目は、おもちゃは気に入っていました。4ヶ月目に入った頃からどんどん付録のおもちゃに興味をなくし、教材のDVDも嫌がるようになっていきました。

なんとか2歳まで教材を取り続けたのですが、嫌がるばかりで、お金の無駄遣い。夫にも叱られるようになって、ついに解約しました。

今となっては、その教材が子供の学校での成績に効いたかというと、はっきりわからずで良かったのかもわかりません。

知育や英語の早期教育は結果が見えにくくレベル維持が難しいものと思うこと

口コミや私自身の子育てから考えてみると、知育や英語の早期教育は結果が見えにくく、大きくなってから「やっていてよかったのかな?」と疑問を感じる親御さんは多いようです。

子供さんは最初に目にしたもので気に入れば、教材や教室を続けられるでしょう。

最初は楽しくても、何かつまらないことや嫌なことがあれば、即「いやだ!」と拒否が始まります。頑固な正確な子供さんなら、もう教材を見せたりカバンを見せただけで号泣です。

馴染めたとしても、その後はっきりと成績などに現れるかというと、個人差があるのではっきりした結果もかなり先でなければわかりません。

特殊事例として帰国子女の英語教育は?(本人掲載許可済)

会社事情で、小さい子供さんを連れた海外赴任での英語教育はどうでしょう?

私の知り合いに、小さい時から親の海外赴任が多く、自分の母国語に悩んだ方にお話を聞けましたので、紹介します。

私は父の仕事の都合で、フィリピンと日本を何回も往復する生活を2歳(ぐらい)から小学校入学まで続けました。

現地の日本人学校に行ったから第一言語の日本語は大丈夫でした。
問題は、母が英語教育に熱心で英語を使う習い事を通わせたので、英語もしゃべれるようになったことが帰国後悩みました。

日本に帰国してから、母が英語がしゃべれるようになった私が英語を忘れないように英語教室に強制的に通わせたからです。

「自分は日本に帰ったから英語なんていらないでしょ?なぜ?」と自分のしゃべる言葉に悩みました。
<40代・女性。現在は外資系企業に勤務>

結局、高校生で文科省の留学制度に参加して、英語を完全にマスターしています。
この事例から、小さい時に日本と海外の行き来が激しかった子供さんにとっては、つらくなるケースはあるのかもしれません。

小さい時に馴染んだ環境で第一言語が英語になる子はいます。でも、子供は環境対応が早いので、日本に戻ってから日本語が第一言語にガラッと変わりやすいのですが、親御さんの考えで言語に対して、悩みを持つことはあるようです。

自主的に留学をして、第二言語を英語にした彼女ですが、相当自分の人生や言語に悩みを持ったと話してくれました。

子供さんが小さい時は知育や英語の早期教育は本当はいらないかも。よく検討してね。

私自身、子供が小さい時に有名キャラを使った英語教育の教材の案内など数多くの知育教育関係の案内を見ては、サンプルを取り寄せてみた経験があります。

結局、どれも子供は興味を示さず、逆に嫌がって泣き叫んでと困ったものです。

一番喜んだのは、市販の木製知育パズルで、興味を示したのは5歳ぐらいでした。英語はというと、今住んでいる市の教育委員会が「お試しで月一で英語教育をしましょう」と、高学年にのみ実施しています。

中学から悩んだかというと、少し悩んだ程度でした。先生の教え方がよかったのと、スマホやタブレットに海外系ニュースサイトのアプリを入れてリスニングをしていたのがよかったかもと考えられます。

子供さんの教育は、諸説が多くて「これが正しい!」というのはないと個人的に思っています。

適合して楽しそうであれば、子供さんと楽しんで勉強しても大丈夫。嫌がるようであれば、すぐにやめてくださいね。

某フリマアプリで、不要となった知育教材が売られていますが「子供が嫌がったから」というコメントが入っているのをみると、慌てて購入や授業申し込みの末にだめだったという結果ですね。

気になる教材があれば、サンプルや体験入学を利用して、子供さんの反応をじっくりみてから決めることをおすすめします。

早期の幼児英語教育は、効果がわかるのはかなり時間がかかりますし、ご家庭の教育方針もあるので、今回の話は一個人の意見ですから、各ご家庭でじっくり検討をお願いします。

では、また!

ABOUT ME
ペン姉さん
4年半ライター業として、金融系(教育費関連)などを執筆。 持病の体調不良により、ライター業はおやすみ。 家族は夫と娘(現在高校生)と私の3人。 子育てに関する情報と大人からの学び直しについて お伝えしていきます。 詳しいプロフィールはこちら
こちらの記事もおすすめ!