FP関連

すきま時間にFPの勉強をしたい!スタディングで合格しませんか?

こんにちは。ペンペン(@penpenwaker231)です。

今、資格取得の中で、FP技能士(ファイナンシャルプランナー)が注目されています。国家資格なのですが、私のように主婦でも「今後のお金の勉強をしたい」と、2級いえ1級まで受験される方が増えています。

金融機関などに勤めていない方などは、3級からの挑戦になりますが、年々簡単に通りにくくなっています。

私は、3級受験時に独学を考えましたが、参考書をみても分からずじまい。そこで気軽に受講できる通信教育を探しました。それが「スタディング」でした。私の時は「通勤講座」で有名でした。

さて、利用してみた経験を元に、スタディングの魅力などを紹介します。

初めてFP試験の参考書のみでは理解しにくいです

写真は2級のものですが、3級もこのぐらいのボリュームの参考書と問題集が市販品で販売されています。

これを全部読んで理解するなんて、絶対無理です!

私がFP技能士を取りたいと思ったのは、ライター業で仕事ついでにと決めたのですが、参考書のボリュームの多さにびっくりして、戦意喪失しました。

金融系の仕事についたことがないので、参考書をみてもちんぷんかんぷん。

そこで、通信教育か資格系学校へ通うかへと考えを変えました。

学校は遠くて通いにくい。通信講座は受講料と教材で悩む

全くお金にまつわる知識なしなので、通学か通信かで迷ったのですが、いろいろと調べると、通学系の学校だと自宅から遠いところばかり。

通信教育では、大手会社になると、かなり高額になります。3級なので、もし不合格でもまた再受講しやすいところがいいなぁという考えがありました。

よく「こういう教材を使いますよ」とサイトで写真が出ていても、市販の参考書・問題集より多くて、全て使いこなせるかという不安がありました。

「困ったなぁ」と悩んでいて、受講先を探していた時に見つけたのが「スタディング」でした。私が受講した当時は「通勤講座」でしたが、名前を一新し、いろんな資格講座に対応しているところもいいところです。

私がスタディングを気に入ったところは、余分な教材がなく、本当に隙間時間で学習でき、必要な部分は印刷ができたからでした。

さらに、万が一不合格になって、次の年度に繰越になった時に「更新コース」があるので、継続受講することもできるのはいいところでした。

多岐にわたる資格試験にも対応できる。FPの勉強と同時に他の資格も受講可能

スタディングの扱っている講座は多岐にわたり、FP技能士単体だけではなく、FPと同時にとっておくと相性がいい資格の勉強ができます。

例えば、宅建士、社労士、税理士はFPと相性がよいと言われているので、同時受講されている方は多いです。

士業系なら弁護士は別として、司法書士や行政書士は人気講座ですから、FPと同時に勉強してもいいと思います。

なぜここまでスタディングをお勧めできるか?それでは話を進めますね。

無駄なコストを削っても、良質な授業をキープ

スタディングは、通学は一切ありません。

その代わりにネットで全て受講していきます。自分がどの時期に受講するかを確認した上で、授業を受けますが、家でずっとパソコンと向き合う必要はありません。

スタディングのいいところは、「すきま時間に授業が見れるし、問題集を解ける」ところですね。

私は、主婦なので決まった時間に勉強タイムを作って、パソコンと向き合っていましたが、空き時間にスマホで問題集を解いたりしていました。

スタディングの授業など全てパソコンはもちろんスマホ・タブレットにも「マルチ対応」しているので、どこでも勉強できます。

通勤されている方なら、電車やバスの中で授業配信をみることもできます。

無駄な教材はなし、必要な時は必要な場所をダウンロード

一般的な通信講座なら、テキストや資料類がついてきますが、スタディングは全て講座内にテキストがあります。

「紙媒体で欲しい」という場合は、必要な箇所のみプリントアウトをして受験時の資料としていきます。

資料の内容は授業では一瞬だったものが整理されているし、授業は何回視聴しても追加料金はないので、理解できなかった部分は何回も見れます。

動画も程よいスピードですし、分からない部分を巻き戻すこともできます。

分からない点は遠慮なく質問可能

動画や問題集を解いても、わからないことって出てきますよね。

スタディングは、気軽に分からないところについて、質問があれば、きちんとわかりやすいように返事をくださるので、心強いです。

質問する回数制限がないので、もやもやしてしまうことは、すぐに質問してすっきりさせて、回答していただいたことをノートにまとめておけば、試験の時に役立ちます。

でも、あまりにも頻繁に質問しすぎると、限られた人数で回答を読んで答えているので、ほどほどにお願いしますね。

無駄を省いた分で受講料金は低いです

教科書や資料類が一切ないので、無駄を省いているので、大手通信教育講座よりかなり安いです。

私が受講したFP3級講座で3万円以内で受講できました。そして合格しました。参考書類は購入していましたので併用はしていましたが、分からないところを動画授業で理解できたのでよかったです。

今は、3級を合格後すぐに2級にチャレンジされる方が増えているので、そのニーズに答えて、2級・3級セットコースもあります。

ただし、気をつけたいのは、自分がどこまでの級を取得し、他に取得したい資格との並行受講がいけるかは考えていかないと、いざ受験の時に行き詰まりが出るので気をつけてくださいね。

AFP®︎を取りたいなら2級受講は別の通信講座を検討してください

AFP®︎は、日本FP協会が認定している民間資格です。もともとFP技能士は、金財もしくは日本FP協会のどちらかで取得なのですが、日本FP協会は、独自で「家計の相談士」育成し、より多くの方の相談に乗るためにとAFP®︎およびCFP®︎資格保持者を育成しています。

私は将来1級まで取れればと思い、急遽2級について調べた時に、AFP®︎の取得要件をみて考えた末に、2級受験の第1回で不合格後、AFP®︎取得認定校を探して、そちらで2級講座と、AFP®︎基本過程を受講しました。

まだ、2級は学科が不合格ですが、AFP®︎は先に基本過程を終了させました。2級を完全合格させれば、AFP®︎の資格取得申請はできます。

ちなみに、AFP®︎は、日本FP協会独自資格で、協会が認めた学校もしくは通信講座でしか受講できないので、日本FP協会ホームページで受講先を確認してくださいね。

FPはこれから注目の資格。取っておいて損はない!

ざっとFP試験の講座について紹介しましたが、スタディングは初めて3級を目指す人には、お勧めの講座です。

もし2級を受験するとしても、3級の土台がしっかりできていれば、2級チャレンジも楽にできます。

最近、FPは1級はもちろん2〜3級全てにおいて受検者が増えています。2級は徐々に難易度が上がっているので、取りにくくなる可能性もあります。

3級でしっかり土台を固めるのに、スタディングでの受講はおすすめします。

興味をもたれた方は、是非検討してみてください。無料体験も用意されているので、気に入らなければ受講申し込みをなしにしてもいいし、気に入れば、受検予定も考えて申し込んでくださいね。

では、資格取得で悩んでいる方は、是非スタディングを検討講座に入れてみてくださいね、

ABOUT ME
ペンペン
4年半ライター業として、金融系(教育費関連)などを執筆。 持病の体調不良により、ライター業はおやすみ。 家族は夫と娘(高1)と私の3人。 子育てに関する情報と大人からの学び直しについて お伝えしていきます。 詳しいプロフィールはこちら