書道

大人からの書道。気を張らずにいくつからでも始められる世界

こんにちは。ペンペン(@penpenwaker21)です。

大人からの書道を習うのが、ちょっとしたブームになっているようで、SNS上で「大人から習い始めました」という方の書き込みをよく見ます。

私自身は、幼稚園年長から小学校卒業まで書道(正確には習字かも)を習い、5段まで取りました。

しかし、中学進学以降は部活が忙しくなって、授業で書く程度に減り、筆ペンでの宛名書き程度しか筆に触らなくなりました。

SNSで書家の方と巡り合ったことやライター業休業をきっかけに、何年ぶりかに本格書道を習い始めました。

以前、大人からの書道について解説しています。

書道を習っていて思うこと。「いいところ」と「嫌なところ」 こんにちは。ペンペン(@penpenwaker231)です。 今までお世話になっていた教室からの移籍となりました。4月...

大人からでも独学でされていて、素晴らしい作品を公開されている方もいらっしゃるので、驚いたり感動するばかりです。

では簡単に「大人から習う書道」について解説してきましょう。

教室に通うのがいいの?通信教育でもいい?

昔は個人で指導されている方は多かったのですが、最近はやや減少傾向にあるかもしれません。

私自身、去年(2019年6月頃)書道を習うと決めた時に、子供時代に教えていた先生は教室を閉じて指導もやめられていました。

近所で書道教室がないか調べると、圧倒的に多かったのが「くもんの書写」でした。

ゆめちゃん
ゆめちゃん

くもんって子供向けのプリント学習の
教室ってイメージなんだけれど。

実は、くもん側が採用する際に指導できるレベルの方を採用していて、大人からでも硬筆や毛筆の指導を行っています。

ただし、算数や国語も教えていらっしゃる方はいらっしゃるので、くもん式書写を開いている教室は少ないです。

ご近所や口コミで見つからない場合は?

ご近所や学校のクラスメイトで「子供さんが書道教室に通っている」とわかれば、教室探しは簡単で、大人も指導している教室はあります。

場合によってはお断りされるかもしれませんが、最近は若い先生も指導にあたられているので、お気軽に相談してもよいでしょう。

書道の世界で、一番大きいと言われているのが、日本習字です。大人になってから再開させた教室から、今見ていただいているのも日本習字です。

日本習字で師範を取られている方は多いし、日本習字のホームページからご近所の教室を見つけることはできます。

通いやすい場所に教室が開かれていれば、連絡してみて見学や体験稽古をさせてもらうとよいでしょう。

カルチャースクールで受講する方法もあります。できれば師範が直接開いている教室の方が月謝などで気軽に通いやすいと思います。

華道など「道」とつく習い事には、流派があります。お月謝や道具代が発生します。

教室の先生のお考え次第ですけれども、手持ちの書道道具で構わないという方もいれば、指定用品や検定用紙を買うように指定する教室はあります。

月謝でも月払いか、何ヶ月に1回徴収などバラバラです。

私の例でいくと……

私は、昨年(2019年7月)から今の日本習字とは違う流派が違う教室に通い始めました。

以前習っていた先生のお弟子さんで、持ち物は娘が小学校時代に使っていた道具をそのまま使いました。

お月謝は2ヶ月に1回徴収で、大人の部で最低の8級からスタートしています。

筆類は相当痛んでいたので、スーパーで売られている少し高めの筆を購入しました。

筆は練習しているうちに痛んでしまい、教室を通じて2000円の大筆を購入しています。書道教室で販売している筆は、高額にはなりますがお手入れ方法をしっかり教われば、一生涯使えます。

空き時間に練習して、教室には決められた時間へ通います。教室で一度書いてみてから先生に朱入れをしてもらい、月末に清書したものを提出というのが、一般的でしょう。

この教室に通っていた時は、硬筆(ペン字)も見ていただいていて、家での練習時間の確保は大変でした。

ペンペン
ペンペン

将来、教室を開きたいと思うなら、
硬筆も勉強しておくとよいですよ。
毛筆ももちろんひらがなは必須です。

順調に硬筆・毛筆ともに4段まで昇級してきたのですが、コロナの影響や先生の体調面や指導方法に違和感を感じました。

その後「ごめんなさい。一旦教室を閉じさせてほしい」という申し出を受けて、やめることになりました。

それから、書道をどうしようか考えた結果、日本習字の通信教育部で指導を受けることにしました。自分でよくお手本を見ながら、先生の朱入れなしで頑張るしかないけれど、近くに教室がないので仕方なくという選択でした。

日本習字・通信教育部へ移動してから

日本習字は通信教育部を持っていますが、添削と段級認定は作品提出1回のみで、毎月20日〜月末に行います。

翌月はじめに結果が返却されて、朱入れでの注意点や段級認定結果を見ます。

もちろん、毎月必ず昇級段が行われません。
この画像の作品は、移籍したばかりの作品で、日本習字での級認定も兼ねていましたので、緊張しました。

臨書(お手本を見て正確に書く)し、検定用紙でもバランスよく書く練習も大切になります。

YouTubeで公式サイトを持っているので、該当月のお手本の書き方を紹介している時もありますし、日本習字の師範の方が個人でその月のお手本解説をされているので、探してみるといい指導の方にも巡り会えます。

日本習字・通信教育部のお月謝ですが、漢字・毛筆を習いたい場合は、年一括払いです。4月スタートであれば18400円です。

「え!そんなに高いの?」と驚かれるかもしれませんが、お手本代込価格で12ヶ月分一括、1ヶ月で計算すると約1533円です。

途中から入る場合や硬筆を習いたいとなると、金額が変わるので日本習字のホームページもしくは問い合わせ窓口で確認してください。

練習あるのみだけれど、SNSで作品を公開するといいこともあり!

私は、書き上げた作品や練習した作品を、このようにInstagramに公開していて、たくさんの書道を愛する方と知り合うことができました。

困ったことが会った時も、DMで「こうするときれいに見えるよ」などアドバイスをしてくれる方はいるし、修正した方がいい箇所も教えてはくれます。

しかし、このように公開した作品に対してコメントを入れる方はごくわずかで、書いた方に敬意を示しているので何一つ注意はしません。

たまに、意地悪な方もいて、ゲンナリすることはあります。しかし周りの皆さんはしっかり見ていて、支えてくださっている。いつも見守っている方がいるから、通信教育部でも続けていけるのだと思います。

まとめとして。大人からでも気楽に楽しめる

ゆめちゃん
ゆめちゃん

ペンちゃんは、いずれは教室を
開きたいの?

ペンペン
ペンペン

FPのこともあるから、まだはっきりは決めてない
もし教室がもてると嬉しいけど、創作系の方が
楽しいと思うの。

よくショッピングモールなどで「あなたにあう言葉を書きます」と、己書(オリジナル書体)で書いている方を見かけませんか?

名前から創作で書いてくださる方はもちろん命名書を書いている方はいらっしゃいます。

これらのことができるのは、段位が高いのはもちろんですが、創作力があって、すぐに素敵な詩を思いつく文学的才能も持っている方ばかりです。

私はというと、あまり気の利いた言葉が出てこないので、どうでしょう?

今は書道でどうしようかは決めていませんが、「記事を職業的に書く」仕事から離れて、自由に「字を書きたい」人に変わったので、書道に対しては「自由に書きたい」と考えています。

堅苦しいことは嫌いなのに、FP資格をとるという矛盾した考え方ですが、書道は私にとっては、心が落ち着くスポットなのだと思います。

これからも、書道については、ちょくちょく発信していきますので、お楽しみに!

ABOUT ME
ペンペン
4年半ライター業として、金融系(教育費関連)などを執筆。 持病の体調不良により、ライター業はおやすみ。 家族は夫と娘(高1)と私の3人。 子育てに関する情報と大人からの学び直しについて お伝えしていきます。 詳しいプロフィールはこちら