教育費

家計と教育費とどう向き合うか? 無駄な出費を見直してみよう

こんにちは。ペンペン(@penpenwaker231)です。

コロナウイルスで一斉休校してから、「お昼も子供がいるから食費がかかりますね」とインタビューに答えるお母さん、よくテレビで見ます。

我が家も例外ではなく、食費と光熱費でいつもより3万円多く使っています。お昼ご飯は前日の晩ご飯の残りや、残り物で作れるものをと工夫はしましたが、光熱費がいつもより2万円アップしました。

子供の長期休暇が入るとどうしても、出費が増えやすいというのは子育てをしていると、わかってくるのですが、意外なところに「子供の為に」と費やしている場合があります。

ペンペン
ペンペン

私もおしらせハガキがくるまで
すっかり忘れてたのさ。

ゆめちゃん
ゆめちゃん

あずにゃんって結構しっかりと
家計とか気をつけていると思ってたの。

ペンペン
ペンペン

いやー、すっかり忘れきっていることも
あるものよ。子供関係は特にね。

ゆめちゃん
ゆめちゃん

知りたい、知りたい!

というわけで、意外と忘れていて、家計を圧迫しているかもしれない費用は家計を圧迫していることがあります。我が家の例も合わせながら、見直していくと余剰金が出てくるので紹介しましょう。

忘れた頃にハガキがくる。自動継続していた子供の傷害保険

保育園や幼稚園入園時に、団体で加入できる傷害保険に申し込みをした記憶ってありますか?

園内での怪我は、園でかけている保険で対応する場合もありますが、通園時の事故・怪我や園内での思いがけない怪我にも対応する傷害保険の加入を勧められることがあります。損保によっては、自宅での怪我や事故も補償する保険はあります。

在籍時は安い掛け金で済むのですが、卒園の時に「小学校での怪我や事故、普段の時の為にいかがですか?」と掛け金は高くなるけれど、扱う会社はそのままで自動継続できる傷害保険があるのです。

小学校低学年までは覚えていても、一度は見直すことが大切

卒園して小学校に入学してからはしばらくの間は覚えていました。しかし、年齢があがるとついつい忘れてしまって、自動更新のハガキがきても放置して、内容も忘れてしまい継続してしまうことになるわけです。

我が家の場合、小6の組み立て体操で転落をして、むちうちになりました。学校側からスポーツ保険の請求書類が渡されたので、子供にかけていた傷害保険のことも忘れて、請求をすっかり忘れてあとで「しまったー!」と後悔しました。

高校から適用の傷害保険に加入!先に入っている保険と内容重複

高校進学決定時に「登下校時に適用する傷害保険」の案内がきて、3年間で35,000円の団体傷害保険の加入申し込みがきました。

3年間で35,000円は安いと思い、ついつい加入手続きをしたのですが、そのあとに前出した保育園で加入し自動継続し続けてきた保険の案内がきました。保険料は1年間で17,500円!

ゆめちゃん
ゆめちゃん

やっちゃいましたね!

ペンペン
ペンペン

やっちゃったよ(泣)

他にコープ共済で「子供共済」に加入しているので、生命保険部分は共済で18歳に到達するまではかけておいてもよいわけですね。傷害保険部分でかけすぎになるので、高校でかけるのは団体ですし、掛け金は安いから、このまま継続してもよいわけですね。

保育園からかけている傷害保険は、内容を調べると保険料が高いわりには補償内容が充実しているわけでもないので、解約してもよいわけです。その代わりに一部の車両保険の「家族傷害特約」で補うと掛け金が安く、契約内容もよくなる場合はあります。

子供ができると生活スタイルを変えないといけないよ

子供にかかるお金というのは、家族でしっかり考えておかないと「沼状態」になりがちです。夫婦二人だけの時はお金も時間も自由でしたが、子供ができると思うようにお金を使うことが難しくなります。

特に、不妊治療で大金を使ったというご夫婦の場合、治療をしながら子供が授かるがという不安もあって、リラックスの為にとお金を使いがちだったというケースは聞きます。

一度ファイナンシャルプランナー3級という条件で「教育費相談」をしていたことがあります。大体相談される方は「わかっちゃいるけれど、どうしてもぜいたくしちゃうんです」とおっしゃいます。

どうしても生活スタイルが変えられないのは?

ペンペン
ペンペン

みなさん、どこがいけないかはわかっているけれど、
間違いがないか知りたいようでしたね。

格安スマホやSIMへの乗り換え、掛け捨てタイプの保険に変えたなど、よく主婦系の雑誌で紹介されている節約方法はしているけれど、分析させていただくと、意外なところをどうしても削れていないのです。

  • 外食費を回数を削りたくない
  • 旅行が大好きでたくさん出かけたい
  • 子供の習い事に力をいれたい
  • 家でインスタ映えする料理を作りたい(食費の圧迫)
  • その他にもお金を使いすぎた

今まで相談でお聞きした方で共通することは、「贅沢している部分が見抜けていない」ところです。結婚した時期、子供の人数と年齢、成長に伴う食費などを考えると、二人だけの時の生活と一緒にしてはいけない。つまり「生活スタイルや家計の見直し」は必要で、変えていかなければ老後破たんは免れません。

私もたまにInstagramでお料理を検索して調べることはありますが、毎日豪華な食事を掲載している方はいますね。そうすることで、雑誌などに「インスタグラマー」として登録されて、収入をもらえる場合があるので、必死になる方はいます。

子供の習い事にしても、毎月の家計を見直した時に赤字になっていれば、習い事を減らすか安くても充実している教室へ移動することも考える必要はあります。

自分達の老後資金やローン関係もお忘れなく

子供にかける「教育費」は地道に貯める必要はありますが、家計に響かないような方法で貯める必要はあります。

教育費は人生の節目に見直すのが吉とでるからやってみよう こんにちは。ペンペン(@penpenwaker231)です。 今(2020年3月1日)、新型コロナウウイルス関連で、世間は大パニ...

こちらの記事でも紹介したのですが、教育費は時期に合わせて見直す必要はあります。と同時に自分達の老後資金状況や今抱えているローン全般(住宅ローン・車のローンなど)の返済計画も考えないといけません。

頭が痛くなるような話ですけれども、お金というものは離れるのは簡単だけれど取り戻すのは難しいので、今は「守り」に入るべきだと思います。

老後資金の貯蓄とローン返済、そして家計と教育費の見直しと、夫婦で頭が痛くなりますが、二人で整理しながらまとめていくと、実は意外なことに気がついてお金がたまる体質になりやすいです。

家計については、私はお給料日に毎月必要な金額分を1回しかおろさずに、毎月最低でも1万円は残すようにしています。できれば2万円残している月もあります。残った分を貯蓄口座に回して、いますが、いざという時の貯蓄も別に作っています。

貯めるところをたくさん作っておくと、いざという時に助かることは多いので、私が実践している貯蓄方法は追々紹介します。

まとめとして

お金は「天下のまわりもの」と言われますが、本当にそうだと思います。

ペンペン<br>
ペンペン

これは本当。子供が生まれてからがコントロールは大変よ

相談にのった方々は「わかっちゃいるけれど、背中を押して欲しい」という印象の方ばかりでした。

生活スタイルが変えにくいとか、私のように「契約しているものを忘れていたけどどうしよう」など各家庭で悩みは違いますが、ざる勘定でお金を管理するのはまずいし、かといって厳格すぎるのもつかれちゃいます。

お金のことは、悩みはつきませんよね。まぁね、あまり焦らずかつ計画的に見直しをしながら、貯蓄していきましょう。今は投資ビギナーの方は、手を出さない方がよいので、少し景気回復の兆しが見えてきた時に、考えていきましょう。

ABOUT ME
ペンペン
4年半ライター業として、金融系(教育費関連)などを執筆。 持病の体調不良により、ライター業はおやすみ。 家族は夫と娘(高1)と私の3人。 子育てに関する情報と大人からの学び直しについて お伝えしていきます。 詳しいプロフィールはこちら